2015年05月18日

バラ季&明日のこっそりご紹介♪

朝、母屋のCAFEのテラス席に行くと、甘い香りが満ちていました。

ん・・・? と、あたりを見回すと、

 ↓(原因^^)

001.jpg

開墾した当時から、この山に元々住んでいた大きな野バラが、
年々どんどん大きくなって。。。

 ↓(なんだかスゴイ)

002.jpg

野バラは、白くて小さなひとえのお花。
可愛いお花たちが房咲きになって、なんともいい香りを漂わせるのです。

 ↓(ガーデンへの坂道)

003.jpg

ずっとこの森に住んでいたこの野バラは、なんだか大家さんというか長老というか。。。
貫禄がありますね。(野バラなのに・・>ふふ)

そして正門では今、

 ↓(オルレアのお花がえらいことにー!)

004.jpg

正門のところは、レンガの塀で囲われているし日当たりもいいので、

 ↓(バラも元気)

005.jpg

香りのいいイングリッシュローズたちが。。。

 ↓(うっとり)

006.jpg

007.jpg

でも・・・。

今年は、2月からずっと森のイノシシと鹿が。。。鹿が・・・(号泣)

バラの新芽がおいしいことに気づいたのか、パクパク。
そして今度は、バラのつぼみもお気に入りになってしまって・・パクパク。
(コ、コラァーー!!!)

この山の村の農家の方々のところも、イノシシと鹿の獣害が今年はひどいそうで、
畑がーー!!と(TT)

夜なか中、防水ラジオを何台もガーデンに毎日置いたり、
狼のフンをガーデンの境界線に置いたり(入ってこないように)、
そして鹿の嫌がる(という噂の)音波の機械を購入してガーデンに置いたり。。。と、
あらゆることをしているのですが、今朝もバラの蕾をおいしくパクパク。
ああぁ・・・。バタン!(←倒れる音)

夫も雨の日でも毎朝、夜明けからガーデンに出て頑張っているのですが、
4月は多雨と低温の毎日でしたし、お天気と動物には勝てませんね。。
(遠い目)

でもそのかわり、この方が元気です♪

008.jpg

大好きなアンティークレースのようなオルレアのお花たち。
春先にバラのまわりは全部きれいに抜いて、整理したつもりがもしゃもしゃと生えてきて・・・!

 ↓(きれいです*^^*)

009.jpg

今年のドリプレガーデンは、バラ園ではなくてオルレア園。。。

植物相手なので、毎年毎年気候の変化も大きくて、今年は獣害まで。
今年は、胃が痛みっぱなしのバラ季になっております。

---------------

痛む胃を抑えながら、ふらふらとガーデンをさまよっていると。。。

ああぁー! ニャジラがーー! 

 ↓(ま、まさかぁー!?)

0010.jpg

北の森の水仙の中にばったりとニャジラが倒れているではありませんかー!
全く長い間ぴくりとも動かず、呼びかけても答えず・・。
し、しかも体の上には、ブンブンと数匹のコバエまで飛んでいます。。。

びっくりしすぎて、硬直していたら。。

 ↓(ふぁわ〜♪っと大あくび)

0011.jpg

ニャジ・・・。
ただ、寝てただけなのね・・。よ、よかった。

(で、でも、あのコバエは一体・・TT)

0012.jpg

------------------

そしていよいよ明日から、今年英国で出会った到着ホヤホヤの、
素晴らしい絵皿たちのフェアが始まりますー(*^0^*)/

絵皿FF=2015-5-19.jpg

今年は本当に素晴らしい絵皿と沢山出会いました。
中にはとっても貴重なレアな美人さんも♪
2週連続で、送料無料のフェア価格でご覧いただきますね。

※『英国絵皿コレクション・フェア』は、明日の火曜日12:30「フェア会場」で開催デス!

それでは今日もこっそり、明日の絵皿フェアの美人さんたちを少しご紹介いたしますね。

◎まずは、どうしてもバラバラにしたくなかった、あの高級陶器ロイヤルアルバートの
「バラのコテージの四季の絵皿:4枚セット」です♪

1.jpg

春夏秋冬の美しいコテージ風景が。。。
バラのお花も豪華な金彩も素晴らしいのです。

1-2.jpg

ずらりと四季のお皿を並べて飾っていただけるように、英国のプレートスタンドも4個
お付けいたしますね♪

1-3.jpg

◎そして私の大好きな、イギリスの可愛いお花の妖精さんにも(探しに探してTT)
やっと出会うことができたのです♪

2.jpg

2-2.jpg

明日ご紹介するのは、このバラのフラワーフェアリーさんと、
いい香りがしてきそうなラベンダーさん♪

3.jpg

3-2.jpg

と、忘れな草の赤ちゃん(♪)の3枚です。

シシリーメアリー・バーカーさんのこのお花の妖精シリーズは、
本当に可愛くて美しい貴重な絵皿だと思います(*^^*)

◎そして今年は、ステキな英国カントリーサイドの色々なコテージの絵皿にも
 出会うことが出来ました♪

4.jpg

4-2.jpg

こんなお花が満開の、華やかなガーデンのコテージも♪

5.jpg

5-2.jpg

心和む、初夏の水辺のカントリーコテージも♪

6.jpg

6-2.jpg

そしてリリパットレーンの珍しい絵皿とも出会いました♪

7.jpg

7-2.jpg

◎そして今回イギリスで出会った絵皿の中で、初めての出会いの素晴らしい方が!
このカントリーコテージシリーズは、「光の画家」として有名な
トーマス・キンケイドさんの美しい風景画の四角い絵皿さんなのです。

9.jpg

なんとも言えない光の感じが、本当に素晴らしいですね。。。
細部まで細かく美しい絵皿さんなのです♪

森の中の、夕暮れの暖かな光がきれいです。

9-2.jpg

こちらは明るいデイライトの中の、バラのアーチのある白いコテージの風景。

10.jpg

なんだか心が癒やされて・・・うっとり♪

10-2.jpg

◎もちろんいつものように、英国の豪華なお花たちの絵皿さんも登場いたします♪

11.jpg

金彩の細かなタッチが美しいですね。。。

11-2.jpg

イングリッシュブルーベルのお花が群生している、英国の森の中の風景。
可愛い茶色のウサギさんも*^^*

12.jpg

12-2.jpg

◎そしてもちろん、可愛い可愛い野ネズミさん一家の「ブランブリーヘッジ」のお皿も♪
明日は、春夏秋冬・・の四季のお皿をそれぞれ単独でご紹介いたしますね。

13.jpg

13-2.jpg

もちろんこれ以外にも、沢山の素晴らしい絵皿さんがいっぱい登場いたします。

★明日は新着商品も選りすぐりの20点、Wアップいたしますね。

 明日の火曜日、12:30のWアップをお楽しみいただけたら嬉しいです。

♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 17:41 | 千葉 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする