2015年06月09日

思い出の本

6月に入って、バラがどんどん咲いてきています。

 ↓(バンザイー!)

001.jpg

毎日早朝と夜の鹿やキョン、イノシシ対策が効いたのか、

 ↓(やったぁー♪)

002.jpg

003.jpg

なんだかやっと、お客様ともお顔をちゃんと見てお話できます。
(それまでは、道のはしっこをコソコソうつむいて小走りに・・>チキンな私)

004.jpg

 ↓(正門のグリーンアイズもきれいデス)

005.jpg

メインガーデンのバラたちも次々と咲いてきていますが、
長い間大切にしてきたフワフワさんも、今満開です(*^^*)/

 ↓(フワフワの子羊の耳>ラムズイヤー♪)

006.jpg

もちろん、今年はずいぶん助けてくれた優等生の白いオルレアのお花たちも、

 ↓(まだまだきれいデス)

007.jpg

数年前から種をとっては、少しずつ増やしてきた、超大型宿根草の
大好きなアカンサスモリスも、大きなお花を咲かせてきました。

008.jpg

6月のガーデンも、うっとり・・ステキになってきました。
(あとは梅雨さえなければ・・・>遠い目)

---------

皆さまは大切にされている本がありますか。

ふと、そんなことを考えていたら、懐かしいこんな本を発見しました!

 ↓(ボロボロ)

009.jpg

子供の頃から何度も何度も読み返して、上京した時も結婚した時も、
10回以上引っ越した時も(引っ越し魔デス)、無くさないように大切に持っていました。

昭和40年発行ですから1965年ということですね。
ということはー!?

なんともう50年前の本ですー!(私が10歳の時の本)
なんだか、しみじみ・・・

この本は小さな小人(コロボックル)と青年教師(せいたかさん)のお話で、
本当に今でも大好きです・

そして、もちろんこの本も!

 ↓(ローラに憧れて・・)

0010.jpg

皆様ご存知の「大草原の小さな家」ですね。
三つ編みの少女ローラが大好きで、ついに私まで三つ編みに!(1本ですが・・>ふふ)

古きよき開拓時代のアメリカ大陸を、父さんと母さんと兄弟と幌馬車に乗って旅するお話。
父さんと母さんは、いまで言う「ナチュラリスト」なんですね。
森の木でおいしいスモークミートを作ったり、もちろんログハウスもゼロから建てて。
母さんはトウモロコシの粉でパンを焼いたり、長い冬の間の保存食を作ったり。
・・・うっとり・・・*^^*

そして森暮らしの実用書として、ずっと大切にしているのがこの本です。

 ↓(読み始めたら止まらない♪)

0011.jpg

あるアメリカの少年が、夏休みの旅で出会ったインディアンの少年から
素晴らしいいろいろな道具の作り方や、自然の中で暮らす知恵を教えてもらうのです。

 ↓(ロープの結び方もこんなに!)

0012.jpg

お花やきれいな葉っぱを長く保存する方法も♪

0013.jpg

この本のおかげで、森暮らしがいつしかステキにオシャレに思えてくるのです。
(本当はけっこう泥んこな、地味地味生活なんですが・・TT)

そしてそして、これはもうガーデニングがお好きな方のバイブルですね(*^^*)/

有名なカレル・チャペックさんの「園芸家12ヶ月」ですー!

0014.jpg

お花や植物を育てている方には、抱腹絶倒でもある素晴らしい名著ですね。

 ↓(ホースと格闘したことが私にもありますTT)

0015.jpg

1890年生まれのチャペックさんのこの文章は、今でも「わかるわかる!」とか
「ですよねぇ〜♪」とか、激しくうなずいてしまうのでした*^^*

そして私に顔が似ている(と夫が・・TT)の、ガートルード・ジキルさんのご本も。

0016.jpg

昔むかしイギリスで、女性が働くことがない時代に(えぇ〜!そんな時代が・・)
女性でありながら、初のガーデンデザイナーとして数々の素晴らしいガーデンを作ったのです。

特に彼女のボーダーガーデンは、素晴らしいアイデアで今や世界中にスタンダードに
広がっていますよね。
※ボーダーガーデン=次々と四季に咲くお花を植えるすばらしいテクニック。

0016-2.jpg

昔このジキルさんの、マンステッドウッドの自宅にお伺いしました。
今もなおこの有名なボーダーガーデンを、ガーデナーの方が守っていらっしゃいました。
感激・・・(TT)

そしてこのボロボロのガーデンブックは、この山の土地を開墾している当時から
もう何百回も繰り返し読み込んでいる大切な本です。

 ↓(これもボロボロ・・)

0018.jpg

イギリスの有名なガーデンデザイナーの、ジョン・ブルックスさんの分厚い本です。

もう中は、あらゆるガーデン造りのアイデアで満載。

0020.jpg

0019.jpg

開墾の重労働でくじけそうになった時は、何度もこの本を開いて
元気をいただいておりました。

そして最近の私の大好きな「繰り返し本」(繰り返ししつこく読んでいる本^^)は、

 ↓(コレ)

0021.jpg

この森に暮らすようになって、最後の夢は・・・、
「木の上で暮らす」ですー!(←すごいラストドリーム)

 ↓(いいなぁ〜♪)

0022.jpg

 ↓(うっとり・・)

0023.jpg

 ↓(いつしか、キラ目に♪)

0024.jpg

私のこの夢は、果たしていつか叶うのでしょうか。。。
「木の上の小さな家で暮らすお婆さん」・・ステキですよね。(変人?)

--------------

再来週の6月23日(火)から、「ドリプレ本屋さんフェア」を開催いたします。
お気に入りの1冊を見つけていただけますように*^^*

本屋さんcs15-6.jpg

♪クリックで応援してくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by せつ at 11:23 | 千葉 ☔ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする